80年代 J POP

弊社の名前である”PLUMERIA プルメリア”とはお花の名前です。

暖かい場所にあるリゾート地などに行くと道端に咲いていますね。

ハワイに行くとABCストアなんかに髪飾りが売っていたりします。白くて真ん中が黄色でとてもかわいいお花です

昔 松田聖子さんが主演した映画にプルメリアの伝説というのがありましたね。。。古すぎて何の話か分からない人半分くらいいそうですね。汗

どんな話だったのかは私もまったく記憶にありませんが、題名は記憶に鮮明に残っていました。

昔の歌謡曲は作詞家や作曲家の先生が書いていたので色々な設定で色々な場所が出てきて色々な表現方法や比喩方法、面白かったですね。

最近はみんな自作なので”日記スタイル”であまり面白い表現方法をしている歌詞がなくて個人的には残念です。

松田聖子さん繋がりで話すと(本題だよ)モロッコのマラケッシュも歌詞に出てきたので興味を持ち、行ったと言ってもいいかも?ですし、マラケッシュのフナ市場で歌ってみましたね。。。1988年にタイムスリップして。。。
フナ市場2.JPG

歌:松田聖子

作詞:松本隆

作曲:BLISS PAUL STEVEN

黒いヴェールで顔をかくして
妖しい瞳 あなたを射る
もう逃げられないわ 指さきの
Ah あやつり糸 虜よ

※Marrakech 迷路の町
つかまえたら いいなりよ
ジャスミンの薫りで
酔わせたいの
Marrakech 高い塔に
蒼い月が上るわ
絨毯に寝転び
いい夢見なさい※

私を砂漠にさらってもいい
金と銀の 鞍のラクダに乗せて
もうあなたのものよ 魂は
Ah 透き通った泉よ

Marrakech 光り出した
水晶球覗くの
運命を二人で
変えてみたい
Marrakech 女のこと
よく知らないあなたに
アラビアの魔法を
かけてあげたいの


さすが松本隆先生。素晴らしいですね。 ”迷路の町”で姉と二人でホテルに辿り着けず、ぐるぐる回って迷ってしまいました。
松本隆先生も道に迷ったんでしょうね。笑
フナ市場.JPG
モロッコと言えば、行く前にスペインでスペイン人たちに誘拐されてラクダと交換されるぞ!と散々脅されてドキドキで行きましたが
危なそうに見えるけどみんなピュアでとても親切です。

一度目はスペインからジブラルタル海峡をフェリーで渡ってタンジェという港町に行ったのですが、気に入りすぎて二回目は飛行機で
マラケッシュへ。。。という事で行って来ました。


旅行をして良かったか判断する重要なポイントに食事ってありますよね?
食事に関しては、毎日タジン鍋で飽きちゃいましたね。。。鶏肉かビーフか野菜だけか?くらいしか選べなくて。
でもほんと興味深い街です。
タジン.JPG

ファッションデザイナーのイブサンローラン氏も別荘を構えるほど愛していたようで、そこは今はミュージアムとして見学できるようになっています。鯉の池と竹林が作ってあって庭の一部に日本のテーストを取入れた場所があり、地球の反対側で日本人で良かったと思えた瞬間でした。竹林.JPG鯉.JPG

イブ3.JPGイブ2.JPGイブ.JPG

次回は中森明菜の”SAND BEIGE ”の舞台であるサハラ砂漠のツアーに繰り出してみたいです。
80年代ってモロッコって流行っていたんでしょうか???興味深い。

それでは





この記事へのコメント